プロレックス「イワキ」レンサ球菌│次の100年に向けて イワキ株式会社

プロレックス「イワキ」レンサ球菌

イワキグループ イワキ株式会社 バイオ開発グループ 体外診・医療機器・その他 プロレックス「イワキ」レンサ球菌

A,B,C,D,FおよびG群レンサ球菌のラテックス凝集テスト

プロレックス「イワキ」レンサ球菌は、A、B、C、D、F、G群に対するポリクローナル抗体をラテックス粒子に感作させた免疫血清群別検出用試薬です。
検体中のレンサ球菌との凝集反応を目視で確認し、群別判定を行います。

A,B,C,D,FおよびG群レンサ球菌のラテックス凝集テスト

製品特長

  • ①6群(A、B、C、D、F、G)判定用
  • ②ラテックス試薬を個別に購入でき経済的
  • ③ブルーラテックスで凝集くっきり

※体外診断用医薬品

使用方法

1

抽出試薬#1の1滴(50μL)を小試験管に滴下する。
選択分離培地上のレンサ球菌が疑われるコロニー4個を小試験管に混和する。

2

抽出試薬#2を小試験管に1滴(50μL)加え、2分間よく混和する。

3

抽出試薬3を小試験管に5滴(250μL)加え、試験管ミキサーで10~15秒間撹拌する。

4

各ラテックス試薬1滴(50μL)を反応スライド紙の別々の円内に滴下する。
各円内に抽出液1滴を滴下する。

5

スティックでラテックス試薬および抽出液を混合し、円内に広げる。
反応スライド紙を円を描くように動かし、よく混和して2分以内の凝集の有無を肉眼で観察する。

判定は、凝集した場合は陽性であり、凝集しないときは陰性である。

判定は、凝集した場合は陽性であり、凝集しないときは陰性である。

キットの試薬構成

試薬名 包装単位
ラテックス試薬 Group A 3.0mL×1本
ラテックス試薬 Group B 3.0mL×1本
ラテックス試薬 Group C 3.0mL×1本
ラテックス試薬 Group D 3.0mL×1本
ラテックス試薬 Group F 3.0mL×1本
ラテックス試薬 Group G 3.0mL×1本
試薬名 包装単位
抽出試薬#1 3.2mL×1本
抽出試薬#2 3.2mL×1本
抽出試薬#3 8.0mL×2本
陽性コントロール試薬 2.0mL×1本
反応スライド紙 48枚
スティック 300本

製品一覧

スクロールで表全体をご覧いただけます。

統一商品コード 商品名 包装単位 保存
019-102221 プロレックス「イワキ」レンサ球菌 60テスト 2~8℃
019-101941 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group A 3.0mL
019-101958 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group B 3.0mL
019-101965 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group C 3.0mL
019-101972 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group D 3.0mL
019-101989 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group F 3.0mL
019-101996 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用ラテックス試薬 Group G 3.0mL
019-102009 プロレックス「イワキ」レンサ球菌用抽出試薬セット 1セット

※抽出試薬セットには、抽出試薬#1と#2が各1本、#3が2本、反応スライド紙が48枚含まれます。

Q陽性コントロールは別売りしていますか?
A別売りしていません。キットにだけ含まれています。
Q攪拌用のスティックは別売りしていますか?
A別売りしていません。キットにだけ含まれています。
Q反応板は別売りしていますか?
A抽出試薬セット(品番:019-102009)に含まれております。
Q抽出試薬1、2、3はそれぞれ個別に販売していますか?
A抽出試薬は種類ごとの別売りはしておりません。抽出試薬セット(品番:019-102009)のみの販売になります。
Q検討用の試供品(サンプル)はいただけますか?
Aご用意できます。お気軽にお問合せください。
Q労働安全衛生法の規制対象物質を含有していますか?
A抽出試薬1に含有されているメタノールと抽出試薬2に含有されている酢酸が該当します。ただし、医薬品(体外診断用医薬品を含む)は表示およびSDS発行の対象外となっておりますので、ご了承ください。

お問い合わせ

お電話から

03-3913-4148

メールフォームから

お問い合わせ

バイオ開発グループへの
お問い合わせはこちら

03-3913-4148