モノクローナル抗体作製│次の100年に向けて イワキ株式会社

モノクローナル抗体

イワキグループ イワキ株式会社 バイオ開発グループ 創薬・受託 抗体作製・ペプチド合成 モノクローナル抗体

ご希望の条件でモノクローナル抗体の作製を承ります

マウスまたはラットを用いてモノクローナル抗体の作製を承ります。
下記3段階のステップごとにお客様の確認を取り進行いたします。
抗原感作済みのマウスをお預かりし、細胞融合からの作業も承っております。

ご希望の条件でモノクローナル抗体の作製を承ります

Step①

スクロールしてご覧いただけます。

マウスへの免疫~個体の選択

抗原1種類につきBALB/cマウス3匹に免疫を行います。

通常4回の免疫後、EIA法で抗体価を測定し、細胞融合に十分な抗体価まで免疫を継続します。EIAデータおよびサンプル血清の評価に基づき、細胞融合に使用するマウスを選択していただきます。


期間 約2ヶ月  受託価格 130,000円(税抜)

Step②


細胞融合~陽性ウェルの選択


細胞融合後、HAT培地による選択を行い、EIA法でスクリーニングを実施します。陽性ウエルから最大で24ウエルを選択し、さらに、クローニングに使用する5ウエルを選択します。

*培養上清を送付し、クローニングに使用するウエルを決めていただくことも可能です。その場合は、上清発送後4日を過ぎた時点で、24ウエルの細胞を凍結させていただきます。

 

期間 約2ヶ月  受託価格 450,000円(税抜)

Step③


モノクローンの確立

STEP2で選択した陽性ウエルに、通常2度のクローニングを行い、 クローン(3~5個程度)を確立します。

サブクラス判定を行い、凍結細胞ストックを2本および培養上清をお送りします。

期間 約2ヶ月  受託価格 320,000円(税抜)

【一貫受託価格 900,000円(税抜)】

お問い合わせ

お電話から

03-3913-4148

メールフォームから

お問い合わせ