じゃばら果皮粉末IW

じゃばら果皮粉末IW

和歌山県産の希少果実じゃばらの完熟果皮を粉末化

じゃばら果皮粉末IW
じゃばら果皮粉末IW

じゃばら(学名:Citrus jabara)は和歌山県原産のミカン科の柑橘類で、ユズやカボスと同じ香酸果実の一種で、独特の香りと風味が特徴です。「邪気を払う」ほど酸っぱいことなどから「じゃばら」と名付けられたともいわれています。生産量も他の柑橘類と比べると非常に少なく、地元では縁起物として正月料理などに使われている希少な果実です。 ナリルチンと呼ばれるフラボノイドの一種を多く含み、柑橘類の中でも含有量は群を抜き、果汁よりも果皮部分に多く含まれています。ナリルチンにはヒスタミンなどの放出(脱顆粒)を抑制し、アレルギー症状を緩和することが確認されています。 「じゃばら果皮粉末IW」は和歌山県産の完熟じゃばら果皮のみを使用しています。

特長

・契約農家で栽培した和歌山県産の完熟じゃばら果皮100%。
・じゃばらの果皮をそのまま乾燥・粉末化。
・大阪市立大学にてスギ花粉症の症状とQOLの改善効果、抗酸化力の向上について研究を実施。

包装

■5kg
 外装:梱包箱  内装:アルミ袋

用途

粉状・顆粒状・錠剤・ハードカプセル等の健康食品、アメ、チューイングキャンディー等の食品原料

製品検索