イワキ株式会社

エムニオテスト

前期破水における羊水の確認に最適

エムニオテストは、前期破水における羊水の確認(破水診断補助)を目的とし、ニトラジンイエロー含有綿棒でpH検査をする体外診断用医薬品です。 膣分泌液と羊水の中間のpHを変色域に持つニトラジンイエローを綿球に染み込ませた綿棒で、変色域はpH6.4~6.8です。破水により羊水が流出した場合、青緑~薄青色を呈色します。

製品特長

  1. 綿棒は独立した滅菌個別包装で取り出しやすい
  2. 防湿性が高いワックスコート紙の包装
  3. 綿球が綿素材のため浸潤が早く、速やかに反応
  4. 色調が明確で判定しやすい

製品概要

キット構成

ニトラジンイエロー含有綿棒

測定原理

膣分泌液と羊水の中間のpHを変色域に持つニトラジンイエローを綿球に染み込ませた綿棒で、変色域はpH6.4~6.8です。破水により羊水が流出した場合、青緑~薄青色を呈色します。

有効期間

37か月

製品一覧

スクロールしてご覧いただけます。

統一商品コード 商品名 包装単位 保存
019-100548 エムニオテスト 30本入 室温保存

よくあるご質問

エムニオテストは妊娠37週以降でも保険適用が可能ですか?

保険請求に関わることにつきましては、保険局に確認してください。

色調がまだらに変化したが、この場合の判定はどうすればよいでしょうか?

このような現象が出ないとは言い切れません。破水には、血液や蛋白が含まれることがありますので、エムニオテストに限らず、pH試験用の検査薬では、それらの影響をどうしても受けてしまいます。綿球の先端に検体が均等に付着しなかった場合、そのような現象が起こります。エムニオテストによる検査結果は補助的なものであり、確定診断は臨床症状や他の関連する検査結果等を併せて担当医師が総合的に判断頂くようお願いいたします。

偽陰性や偽陽性が出るケースを教えてください。

【偽陰性になるケース】
①羊水が十分確保されない場合(既に流れ出た後、胎児の頭で羊水の流れがブロックされた場合など)
②膣内が通常の酸性状態に戻った後
③尿(酸性の尿の場合)の混入

【偽陽性になるケース】
①トリコモナス感染による膣炎
②抗生物質による治療を受けている場合
③尿(アルカリ性の尿の場合)の混入
④精液が膣内に存在する場合

BTBとの違いは何ですか?

BTB試験紙の変色域がpH6.2-7.8に対して、ニトラジンイエローの変色域はpH6.4-6.8です。エムニオテストは膣分泌液(pH4.5~6.0)と羊水(pH7.0~8.5)の中間のpHを変色域に持つpH指示薬のニトラジンイエロー(pH6.4~pH6.8)を用いております。

エムニオテストを保管するうえで何か注意が必要ですか?

pH指示薬を使用した商品は湿気に晒されると変色してしまう性質があります。エムニオテストは、湿気による変色のリスク対策として、防湿性の高いパッケージになっています。ただし、湿気の強い時期は、念のため、なるべく換気の良い場所で保管することをお勧めします。

検討用の試供品(サンプル)はいただけますか?

ご用意がございます。お気軽にお問合せください。

労働安全衛生法の規制対象物質を含有していますか?

含有しておりません。

お気軽に
お問い合わせください。