トップメッセージ│次の100年に向けて イワキ株式会社

トップメッセージ

TOP イワキ株式会社 会社案内 トップメッセージ

代表挨拶

 1914年7月10日、私の曽祖父である岩城市太郎は、薬種問屋 岩城市太郎商店を東京の薬街である日本橋本町で創業しました。誠実一路を信念とした曽祖父は、多くのお客様・お取引先様と真に「誠実」に向き合い、私どもが以来100年余に亘ってこの地に本社を構え、事業を継続させる素地を創りました。

 曽祖父の後を受け、二代目の社長となった祖父の岩城謙太郎は、日本国内だけではなく、グローバルな事業展開を志向し、薬種問屋から医薬品商社としての進化を成し遂げました。
 それだけでなく、化粧品・健康食品・工業薬品の分野へ多角化を図り、さらには製造業にまで進出することにより、より多くのお客様に「貢献」し得る体制を創りました。

 私の父であり三代目の社長となった岩城修は、高度経済成長期終焉後の難しい舵取りを託されました。それまで数十年に亘って継続した事業拡大・多角化路線は一度見直すものの、ヘルスケア・ファインケミカルの専門商社としての事業ドメインは大きく変えることなく、内実強化を図ることにより安定性のある経営体制を創りました。
 その結果、多くの皆様からの「信用」を頂き、2005年に東証1部指定となり、2014年には創業100周年を迎えることができました。

 創業以来、薬種問屋から医薬品商社、そして昨今では原料製造から小売業まで幅広いバリューチェーンを持つ専門商社として成長することができたのは、お客様・お取引先様をはじめとしたステークホルダーの皆様のご支援の賜物であります。
 そして、その結果当社グループの社是である「誠実」「貢献」「信用」が実現されてきたのだろうと考えています。

 当社グループは、2016年1月に中長期ビジョンVision “i-111”を発表し、創業111周年を迎える2025年までに実現する定量・定性的目標を定めました。
 本計画では、「誠実」「貢献」「信用」を倍加させるため、お客様・お取引先様の課題を総力で解決する『策揃え』企業になることを、次なる成長戦略としています。

 『策揃え』とは、言わば「なんでもやる」ということ。これまで100年に亘って培われたネットワークとノウハウを原資として、より「誠実」に、より大きな「貢献」を提供し、そして強い「信用」を勝ち得る企業グループになるべく、邁進してまいります。

 引き続きご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2017年2月24日

代表取締役社長 岩城 慶太郎

岩城 修