イワキ株式会社

マイクロバンク

操作が簡単で省スペース
菌株保存用バイアル

マイクロバンクは、1本に液体培地および約25個の多孔性ガラスビーズ(セラミックビーズ)を含む、菌株保存用の2mLサイズの低温用クライオバイアルです。表面を特殊加工したビーズが菌株をしっかりと取り込み液体培地が菌体を保護します。バイアルに接種した菌株はフリーザーに入れ保存します。 各種菌株の生存期間についての情報は下記PDFファイルをダウンロードしてください。

操作が簡単で省スペース菌株保存用バイアル

製品特長

  1. バイアルは手頃な2mLサイズ。1本に液体培地および約25個の多孔性ガラスビーズ(セラミックビーズ)が入っています。
  2. キャップが大きいので操作性が良く、手を汚しません。復元時のビーズの取り出しも容易です。
  3. 容器は液体窒素(気相に保存)にも耐える丈夫な低温用“クライオバイアル”です。
  4. 菌株接種前のバイアルの有効期間は常温暗所(目安5℃~25℃)に保管して製造後2年です。
  5. 中に入っている多孔性ガラスビーズ(セラミックビーズ)は表面を特殊加工してあるので菌をしっかり取り込みます。
  6. 大きめのデータ記入欄がついてます。
製品特長

使用方法

保存方法

18~24時間純培養した幼若菌をとり、バイアル中の液体培地に濃度がマックファーランド#3~4に相当するように浮遊させます。

18~24時間純培養した幼若菌をとり、バイアル中の液体培地に濃度がマックファーランド#3~4に相当するように浮遊させます。
*マックファーランドとは菌液の濁度から菌量を推定する際に用いる単位で、#3~4の濁度は大腸菌の菌数で「9~12x108/mL」に相当します。菌液調製時の対照用としてマックファーランド懸濁標準液セットを販売しておりますので、ご活用ください。

浮遊菌をビーズに吸着させるためバイアルを4~5回転倒混和します。

浮遊菌をビーズに吸着させるためバイアルを4~5回転倒混和します。

浮遊菌液を滅菌ピペットで残らず吸引します。

浮遊菌液を滅菌ピペットで残らず吸引します。

キャップを固く締め、フリ-ザーに入れ保管します。

キャップを固く締め、フリ-ザーに入れ保管します。

保存方法

バイアルをフリーザーから取り出し、復元する際、バイアルの凍結融解を防ぐため、別売のアルミ製保冷スタンドを使用することを推奨します。

バイアルをフリーザーから取り出し、復元する際、バイアルの凍結融解を防ぐため、別売のアルミ製保冷スタンドを使用することを推奨します。

バイアルのキャップを開け、滅菌した白金線などでビーズを1個取り出します。

バイアルのキャップを開け、滅菌した白金線などでビーズを1個取り出します。

取り出したビーズを平板ないし液体培地に接種します。

取り出したビーズを平板ないし液体培地に接種します。

製品一覧

スクロールしてご覧いただけます。

統一商品コード 商品名 包装 備考
019-100593 マイクロバンク25 25バイアル 赤/黄/緑/青
ライトブルーが各5本
019-102047 マイクロバンク 80バイアル 赤/黄/緑/青
ライトブルーが各16本
019-102115 マイクロバンク 赤 80バイアル 80各色単色包装
019-102085 マイクロバンク 黄
019-102139 マイクロバンク 緑
019-102092 マイクロバンク 青
019-102078 マイクロバンク ライトブルー
019-102030 マイクロバンク 800バイアル お得用(色指定可能)
019-102054 マイクロバンク スタンド 1個 20穴のアルミ製保冷スタンド
019-102122 マイクロバンク 赤 ラック 4個 保存時に便利
019-102108 マイクロバンク 青 ラック
019-100074 マックファーランド懸濁標準液セット 5濃度 菌懸濁液の濃度調製時に便利
  1. バイアルは5色(赤、黄、緑、青、ライトブルー)ありますが、成分、性能は同一です。
  2. バイアルには多孔性ガラスビーズ(セラミックビーズ)が約25個入っていますので、
    理論的には菌株を約25回復元させることができます。
  3. 箱の中央にはスティックが入っており、バイアルの蓋に差し込むことにより、取り出しやすくなります。

よくあるご質問

マイクロバンクの溶液の組成はどのようになっていますか?

グリセロールとスクロースが主な成分です。そのほかに有害な物質は含まれておりません。

商品のラックでディープフリーザーに保管することは可能ですか?

可能です。ラックに関しては、別売りもしていますのでご利用ください。
(赤ラック品番:019-102122、青ラック品番:019-102108)

菌を懸濁した後、保存液を抜いてしまっていいのでしょうか?

菌を懸濁した後は、液をしっかり抜いてから凍結保存してください。菌液が残った状態で凍結すると、ビーズ同士が付着してしまい、取り出すときに融解しなければなりません。凍結融解を繰り返すことで、菌の保存性が低下してしまうため、ご注意ください。

マックファーランド懸濁標準液セットは、硫酸バリウムを調製したものですか?

プロラボ社の「マックファーランド懸濁標準液セット」はラテックス粒子を懸濁しており、粒子の濃度を変えることで5段階の濁度に調製しています。したがって、硫酸バリウムを調製したものではありませんのでご了承ください。

菌の保存期間は、どれくらい可能でしょうか?

菌の種類によって保存期間が異なります。菌種別の保存データがありますのでご確認ください。

この菌株保存リストのデータは、各温度条件の下、マイクロバンクで菌株を保存し、保存期間後に復元・菌の生育を確認したデータです。期間以上の保存ができない、また、一覧にない菌株の保存ができないということではございませんので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。

お気軽に
お問い合わせください。